相澤消太

ターゲットコンボ □(連打可) 相澤消太_main.png
カウンター攻撃 Lスティック+□
ガード不能攻撃
(空中不可)
R1+□
対策・蹴り
対策・当て身
(空中不可)
Lスティック+△
捕縛
発動中に○ or Lスティックで追加攻撃
抹消 Lスティック+○
捕縛連撃
(空中不可)
R1+△ ※ゲージ1本消費
遠隔両捕縛
(空中不可)
R1+○ ※ゲージ2本消費
プルスウルトラオール
(空中不可)
R1+△+○ ※ゲージ3本消費
サイドキックアタック1 L2
サイドキックアタック2 R2
※PS4版準拠で記載しています。


キャラクター特徴

 “個性”を抹消するテクニックタイプ
 個性技によって相手を「“個性”抹消状態」にし、一定時間個性技とプルスウルトラの発動を封じることができる。
 “個性”を封じることでほとんどのキャラが接近戦を余儀なくされるので、捕縛武器によるけん制や当て身技の発動が行いやすくなり、
 相手の隙を生み出すチャンスを一気に増やす事が出来る。

【長所】
  • 個性技「抹消」で、相手の個性技やプルスウルトラ技を一定時間封じる事ができる。
  • 個性技「抹消」はガード不能技であり、発生はやや遅いもののリーチが長く、仰俯角の範囲(上下への角度)も広い。
  • 空中からでも個性技「抹消」でガードを崩す術を持っている。

【短所】
  • 個性技「対策・当て身」の発生が遅く、持続も短いので使い辛い。また、一部当て身ができない技もあり、状況によっては当て身後の攻撃が空振る事もある。
  • 自分がコンボをヒットさせている時、相手のサイドキックを巻き込み難い為、攻撃がカットされやすい。
  • 各種攻撃のホーミング性能が低く、サーチ距離も短い。
  • プルスウルトラ技のアタリ判定が直線的で小さい。


各種技解説

【ターゲットコンボ】
 地上版は左右のワンツーから、ローキック→上段回し蹴りのコンビネーションを行なう、3段攻撃の計4ヒットする技。4ヒット目に浮かす性能がある。
 4ヒットの全てでダッシュキャンセル、「対策・蹴り」でのキャンセルが可能。3ヒット目まではカウンター攻撃でキャンセル可能。
 3段目はローキックなので、浮いている相手にはヒットしないので注意(そのあとの回し蹴りでなんとかコンボが繋がる事もある)。
 空中版は右フック、膝蹴り、振りかぶってカカト落としの3段攻撃。3段全てでダッシュキャンセル可能。
 2段目までカウンター攻撃、「対策・蹴り」でキャンセルする事ができる。

【カウンター攻撃】
 地上版は少し宙に浮いた状態で左脚の4段蹴りを放つ。4段ともダッシュキャンセル、「対策・蹴り」でキャンセル可能。
 空中版は横回転を行ないながらの蹴りで降下していく技。ヒット・ガード時は「対策・蹴り」でキャンセルできる。
 地面に着くまでその状態が維持される為、ウォールラッシュから元に戻る際に挙動がおかしくなる事もしばしば。また、リングアウトにも注意。

【ガード不能攻撃】
 少し踏み込んでの右フックを行なう。発生はそれほど速くなく、リーチ&移動距離、サーチ距離のどれも短い。

【対策・蹴り】
 通常攻撃4撃目のようなモーションの回し蹴り上げ。攻撃発生速度は、地上版は通常攻撃の1撃目と同じくらい、空中版だとやや溜めが入るので少し遅い。
 主に攻撃の締めとして使用する事に向いている。地上版・空中版共にウォールラッシュを発生させる事ができる。

【対策・当て身】
 捕縛武器を自身の前に構える。その時に攻撃を受けると自動で(カウンター攻撃の様に攻撃をはねのけつつ)対策・蹴りを放つ。ウォールラッシュあり。
 発生は遅く、持続は1秒程。飛び道具やPU2などを含むあらゆる攻撃を当て身する事が可能だが、ガード不能攻撃は当て身不可。一部の攻撃も当て身できないものがある。
 当て身後は相手が回転しながら吹っ飛ぶ。ヒット後はダッシュキャンセルの他に「抹消」でもキャンセルを行えるので、そこからコンボを繋げる。
 空中攻撃や飛び道具等を当て身した際にも自動で反撃する為、空振りしてしまい大きな隙が生じてしまうので注意。素直にガードした方が良い。


【捕縛】
 捕縛武器を正面に投げ相手を捕縛する。捕縛のみのダメージ自体は0。リーチはバトル開始位置から6キャラ分位。ガードは可能。
 捕縛後に何も入力しないと捕縛したままにする事ができる(約3秒程)。
 ○ボタンを追加入力する事で、大きく前方に向かって投げる。ウォールラッシュを発生させることもできる。
 方向入力で相手を引き寄せる事ができ、引き寄せ動作を通常攻撃などでキャンセルして追撃する事ができる。

【抹消】
 捕縛武器を正面に投げ相手を捕縛し、抹消を発動して引き寄せる技。リーチが長くバトル開始位置から9キャラ分程。ガード不可能。
 抹消を付与するまでにやや時間が掛かるため、サイドキックでカットされないよう注意。
 捕縛とは異なり仰俯角(上下の角度の範囲)が広く、ほぼ真上や真下に向けて放つ事ができる。
 他の攻撃からキャンセルで出す事ができないので、ダッシュキャンセル後に使うなどでコンボに組み込もう。

【捕縛連撃】
 捕縛武器を正面に投げ、ヒット後は相手を引き寄せ左パンチから上空に蹴り上げ、再び捕縛し地面に叩きつける技。リーチは捕縛とほぼ同じくらい。
 最後の叩きつけ時に抹消を付与させる事ができる。
 ただ、ヒット後の動作中でも自身に無敵は無いため、サイドキックでカットされてしまわないように注意。

【遠隔両捕縛】
 捕縛武器を正面に投げて相手を捕縛した後、上空に放り投げて地面に叩きつけ、自身が上空へ飛び再び掴んで引き寄せ、膝蹴り、ハイキックから、
 背中を押さえつけながら地面に叩きつける技。リーチは捕縛よりも少し短め。攻撃アタリも見た目通りなので、空中にいる相手にはヒットさせづらいので注意。
 「捕縛連撃」とは異なり、抹消は付与できない。

【プルスウルトラオール】
 プレイヤー時は「捕縛連撃」を放つ。最後の叩きつけがヒットした場合は抹消が付与される。
 基本的にPU1と同じ動作なので、最後の叩きつけをサイドキックでカットされてしまう。
 サイドキック時は相手に向かって突進し、4ヒット攻撃を喰らわせる。抹消の付与は無い。

【サイドキックアタック】
 地上、空中発動共に「捕縛」を行なう。ダメージは0。
 相手を一定時間(約2秒)拘束できるため、コンボのつなぎや、相手の攻撃を中断させる両面で活用できる。
 サイドキックゲージの回復速度は40秒。


コスチューム

コンボ

  • 通常>通常>通常(2撃目)>ダッシュキャンセル>空中通常>通常>対策・蹴り
 ダメージ:78.67。基本的なコンボ。相手の背後に壁があればウォールラッシュが見込める。

  • 通常>通常>通常(1撃目)>ダッシュキャンセル>捕縛>○追加入力
 ダメージ:74.07。基本的なコンボより威力は落ちるが、こちらも同様に壁があればウォールラッシュが見込める。

  • 通常>通常>通常(2撃目)>ダッシュキャンセル>抹消>空中通常>通常>通常 or 対策・蹴り or 捕縛>○追加入力
 個性技「抹消」を絡めた比較的簡単なコンボ。最後は空中通常3段目が対策・蹴りだとウォールラッシュを発生させやすい、捕縛投げでも室内ならやりやすい。
 ダメージ:通常:68.44、対策・蹴り:72.52、捕縛投げ:74.58。

  • 対策・当て身>抹消>通常>通常>対策・蹴り>捕縛>引き寄せ>空中通常>通常>対策・蹴り>ダッシュキャンセル>
 捕縛>引き寄せ>空中通常>通常>対策・蹴り or 空中カウンター攻撃
 当て身からのコンボなので使う機会は少ないかも。当て身ヒット時に抹消でキャンセルを利用したコンボ。
 抹消の引き寄せ後の通常攻撃は3段目を出すと下段の蹴りが空振るので、2段目から対策・蹴りへ。
 最後の対策・蹴り締めで、94.16ダメージ。空中カウンター攻撃締めで101.35ダメージ。

  • 通常>通常>通常(1撃目)>ダッシュキャンセル>空中カウンター攻撃>(着地)ガード不能攻撃>通常>通常>通常(1撃目)>地上カウンター攻撃(4撃目)>
 ダッシュキャンセル>抹消>空中通常>通常>通常 or 対策・蹴り or 捕縛>○追加入力
 上述した簡単な抹消コンボよりも、やや難度が上がるがその分ダメージも少し上がる。捕縛は若干安定し辛い。
 ダメージ:通常:80.32、対策・蹴り:83.50、捕縛投げ:85.27。
 地上カウンター攻撃を使わず、地上通常攻撃2撃目からでも行える。その場合でもダメージが1落ちる程度。

  • 通常>通常>通常(1撃目)>ダッシュキャンセル>空中カウンター攻撃>(着地)ガード不能攻撃>通常>通常>通常(2撃目)>対策・蹴り>捕縛>引き寄せ>
 空中通常>通常>対策・蹴り>ダッシュキャンセル>捕縛>引き寄せ>空中通常>通常>対策・蹴り or 空中カウンター攻撃
 通常攻撃3段目(1撃目)のダッシュキャンセルのタイミングと空中カウンター攻撃を出すタイミングは速めに。最後の空中カウンター攻撃は安定して当てにくいので注意。
 ダメージ:対策・蹴り:93.86、空中カウンター攻撃:97程~102.64



  • 最終更新:2019-04-14 19:38:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード